白髪染めとヘアカラーの違い

安全性で選ぶなら白髪染めより断然ヘアカラートリートメント

白髪が生え始めてくる頃の女性は白髪染めを利用することに抵抗感があるようです。
特に20代や30代の早い段階で白髪が生えてきてしまった場合にはなおさらです。
そこで良く利用されているのがヘアカラーのようですが、どこが異なるのでしょうか?

 

白髪染めはヘアカラーと同様で、黒髪を染めるか白髪を染めるかの違いです。
白髪染めは1剤と2剤を混ぜて髪の毛に塗ります。クリームタイプや液状のタイプなどがあります。
ヘアカラーでは、発色させる色により配合量などがことなります。
白髪染めは白髪をキレイに染めるように作られています。白髪が数本程度ならば、ヘアカラーでも良いのですが、やはり、白髪染めを利用した方が、効果はあると思います。
タイプ別の利用方法では、髪の毛が長い方は、全体に満遍なく白髪染めが行き渡るように、液状タイプやジェルタイプを利用するとよろしいと思いますし、ショートヘアの方や部分染めをしたいような方は、生え際などにクリームを塗るタイプが良いと思います。

 

クリームタイプであれば液ダレの心配もなく効率的に白髪染めをすることができるのです。
白髪染めは、なかなか上手にできないことがあります。塗り方に慣れる必要がありますし、塗った後の放置時間をしっかり守らなければなりません。
手順としましては、説明書に従って、1液と2液を混ぜて混合液を作ります。
そして、白髪が目立つ部分から液をつけて、ムラのないように染めることが大切です。
毛先などは染まりやすいので、最後に塗ると良いと思います。そして白髪染めが終わりましたら、必ずよくすすぐことが大切で、髪を弱酸性にするのです。

 

その点、ヘアカラートリートメントは髪にさっと塗るだけ、どれこそトリートメントをするのと同じくらい簡単です。
さらに頭皮にやさしいのでヘアカラーで頭皮がかぶれたり赤くなって痛みを感じたことがある人にはうれしい特徴と言えます。
ただし肌にやさしい分、染まる力は従来の白髪染めより若干劣ると言われています。

 

そこで実際にはどうなのか、ヘアカラートリートメントのルプルプで実際に染めてみましたが
1回でもかなりしっかり染まりました。
あれだけ染まってくれれば安全性も高いヘアカラートリートメントの方が従来のヘアカラータイプの白髪染めより断然おすすめです。

ヘアカラートリートメントで白髪を染める時の準備

実際に染める場所はお風呂場がベストですが、中にはリビングで白髪染めをする人もいることでしょう。
その場合には、染料としての力が強いので、ご自身の身体と家財道具などを汚さないようにする準備や、効率的に染められる準備をするようにしましょう。

 

実際に染めてみて必要だなと思った事をお伝えします。

 

必要なものとしては、ティッシュペーパーや鏡、新聞紙(床や家具を保護するため)、汚れても良いタオル、手袋、輪ゴム(手袋の固定)、時計(時間の経過をチェック)、簡単に脱げる前開きのシャツです。
そして、白髪染めを満遍なく広げるためのコームなどが必要になります。さらに塗り残しがないように確認しながら塗っていくならヘアクリップなども必要です。
その他ヘアキャップもしくはラップなどもあると便利だと思います。

 

準備が整いましたら、まず髪をブラッシングするようにしましょう。
髪が絡まっていますと、白髪染めがまばらになってしまいます。
だからブラッシングをすることで、髪の絡みを解消するとともに汚れを落とすこともできます。
そして、白髪染めが付着してもすぐに拭き落とせるようにティッシュを脇に置いて塗るようにしましょう。

 

白髪染めが終わったら、洗い流すのですが、頭を通す必要のない前開きの服に着替えておくととっても便利です。
一人でできる時間があるなら裸で肩にタオルをかけておくだけの方が簡単です。
服に付着した染料は、なかなか落とすことができませんので、捨てても良いような服を選びましょう。
さらに、アクセサリーの類は全てはずしておくようにしましょう。